取得できる資格|管理栄養学専攻

取得できる資格

管理栄養士国家試験受験資格

栄養士の上位資格にあたる国家資格。疾病者に対する療養のため栄養の指導や個人の身体状態に応じた栄養の指導、大規模な給食施設での給食経営管理・指導などを行います。

栄養教諭一種免許状

食に関する知識、技能、技術を活かし、子どもを対象に、望ましい食習慣や正しい食事の取り方など、食を通して、豊かな人間形成と、心身の健全な育成を図ります。
※指定科目の単位修得者が取得できる資格

栄養士

栄養の指導に従事するための資格。厚生労働大臣が指定する栄養士養成施設で2年以上学ぶ必要があります。

食品衛生監視員(任用資格)

食品、添加物、器具、施設などの衛生を確保するため、国や地方自治体で食品衛生行政を担当する技術公務員。

食品衛生管理者(任用資格)

食品または添加物の製造加工施設において、衛生が守られるように、製造・加工に従事する人を監督。

ハイレベルな国家試験合格率

管理栄養士

2021年合格率

97.8%

模擬試験や講座など充実の支援で合格をめざす

5時間にわたる試験で200問出題される管理栄養士国家試験。それに慣れるために本学では模擬試験を実施。過去の出題傾向を知り尽くした教員による4年次後期の栄養学特別講義や、短時間で正答するポイントなどを教える試験直前の対策講義など多彩です。また、ゼミでの個別指導も行っています。

栄養学特別講義
(4年次)
計15回にわたって実施される国家試験対策講義です。担当科目ごとに教員が講義します。
国家試験直前対策講座
(4年次)
4日間の集中講座です。国家試験に精通した外部講師を招き、講義を行う日もあります。
学内総合試験
(3年次~4年次)
3年次から4年次まで複数回実施。回数を重ねることで試験に慣れ本番のプレッシャーも軽減されます。